2017年06月23日

New model

IMG_0134.JPGIMG_0140.JPG
新作を進めてます。
ハンドルがスネークウッドヘビなので、本物みたいだな〜。ブレードはS30V厚1.8フラット。小回りの効くmodelだなこりゃ〜。
渓流釣りやら春の山菜採り、フルーツにもいいね。
ブレード、ハンドル共ちょっと変わったデザインにして見た。今度の銀ブレでニギニギしてやって頂きたい。 ( ^ω^ )
posted by K.Tamatsu at 16:37| 日記

2017年06月17日

The Integral

IMG_0100.JPG
久しぶりのブログ更新って言うか、ナイフを手掛けること自体久しぶりになります。
アメリカの親友vanが先日のアトランタで心配してくれてたそうだ。 調子悪い訳でも、ナイフを作ることが嫌になった訳でもなく、唯、5月〜ずーっとナンヤカンヤで、忙しかった〜〜だけ。銀ブレも後2週間しか無くなってきた。会場でお渡ししますよなんて余裕こいてお受けしたオーダーナイフもやっと先日熱処理から帰って来たばかりだし、新作も5、6本予定してるんだが、さーて、何本仕上がるんでしょうかです。 画像のナイフはもう2度と作らんと誓ったあの、The Integral しかもfighter、 インテグラルの中でも鬼の様な手間の掛かるモデル。
過去にfighterは二本製作したが嫁いでしまったので、やはり私の看板娘として一つは並べていたい。前回の物もそうだったが、販売目的で作るナイフではない。ショーで実物をじっくり見て頂きたいナイフ。 今回の銀ブレにこいつは並べたい。( ^ω^ )
posted by K.Tamatsu at 18:19| 日記

2017年05月15日

Battle knife

IMG_9901.JPG
新作のbattle knifeにエングレーブが入って帰って来ました。エングレーバーは西澤明宏氏。
昨年にも二本のknifeにエングレーブを入れて頂き大好評だった。今回も見て頂きたいが、ダブルヒルトに細やかで、肉眼でやっと見える程のスクロールをびっしりと入れてある。西澤さん曰くこれ程細かいスクロールは見た事がないかも知れないとの事。彫り上がって見て、手放したくなくなったそうだ。
実際手に取って見ると、老眼鏡無しでは細かな砂がくっ付いてる様にしか見えないが、老眼鏡で見てみると確かに小さなスクロールで埋められ隙間が無い。これは凄い。
デカイbattle knifeが益々迫力が出て豪華になった。
今回初めてbattleのハンドルにスタッグを使用したが、正しく  one of a kind in the world
と言えよう。( ^ω^ )
IMG_9902.JPG

Battle knife
Blade Length: 185o
Overall Length: 311o
Blade Steel: ATS-34
Handle : stag
<Engraved by
          Akihiro Nishizawa>
posted by K.Tamatsu at 15:29| 日記